PPCアフィリエイト

画像をくり抜く!ペイント3Dで簡単に切り抜いて透過させる方法。

 

おっしー
おっしー
おっしーです。

アフィリエイトをする際
ASPで用意されている広告だと売り込み感が強いし、
自分で画像やボタンを作って広告にしたい!と思ったことはありませんか?

 

大手ASPのA8.netでは、元々用意されている広告素材の他に
「オリジナル素材作成」が可能となっている案件があります。(下画像赤枠部)

 

オリジナル素材を使えば、
あなたが自分で作った画像やテキストに広告リンクを埋め込む事が可能となります。

オリジナル素材の広告は作り方次第で、
あなたのサイトの雰囲気に合わせた広告にしたり、
思わずクリックしたくなる広告にすることが可能です。

今回はそんなオリジナル素材を活用するための画像づくりで役に立つ、

「商品画像を切り抜いて透過させる方法」

の解説をしていきます。

それではご覧ください。

画像のくり抜きはペイント3Dで簡単に可能!

例を出しながら進めていこうと思います。

例えばこのような写真。
ボトルが沢山並んでいますが、その中から一つだけに焦点を当てて解説したい場合。

アフィリエイトする際、背景なしで商品の画像だけが欲しい時ってありませんか?

そんなときは切り抜きをしましょう。

ペイント3Dで画像の好きな部分を切り抜く手順

 

画像の切り抜きや加工って、Photshopや専用のソフト、イラストレーターなどが必要だと思われがちですが、ペイント3Dで意外と簡単に出来ちゃいます!

ペイント3DはWindows 10 Creators Updateで標準搭載されているアプリです。

早速切り抜き手順を見ていきましょう!

①ペイント3Dを開きます。

②”開く”から切り抜きたい画像を選んで開きます。

マジック選択をする画像

先ほどの例に出した画像を開くことが出来ましたね。

③続いてメニューにある”マジック選択”を押してみましょう。

マジック選択をすると、範囲を選択する画面になります。

④切り抜きたい画像が入るように範囲を選択していきます。
今回は真ん中のキャップが青いボトルを切り抜きます。

今回の例の場合、右から2番目の赤いノズルが付いたボトルは物理的に切り抜けません。
商品と何かがかぶってしまって全体像が出ていないものは切り抜けませんので予めご了承ください。

余分なものが入ってしまったら削除を押して消しましょう。
消す際は”削除ボタン”を押して、いらない部分をクリック&ドラッグでなぞればOK。

⑤切り抜きたい部分が選択できたら完了を押してください。

完了ボタンを押すと、マジック選択した部分だけに焦点が当たっている状態になります。

⑥続いてキリトリボタン(はさみのマーク)をクリックしましょう。
キリトリが出来たら、左上のフォルダマークから新規作成画面を開きます。
切り抜いた画像を保存しますか?って聞かれますが、保存しなくてOKです。

⑦真っ白な画面が開けたらCtrl+Vで先ほどキリトリした画像貼り付けましょう。
ペイント3Dの画面右上にも貼り付けボタンがあります。

⑧貼り付けができたらトリミングで画像に合わせて背景を狭めていきます。
範囲を選択できたら右側のチェックボタンを押せば完了です。

これで商品単体の画像が出来上がりました。

切り取った画像を透過させていきます。

トリミングが完了したらここからは背景の透過作業に移ります。

透過させなかった場合、今回作った画像を使うとなると白い背景があることによって馴染みが悪くなってしまいます。

透過させれば商品の画像だけを使うことが出来ますので馴染みを良くしたいときは透過させると良いでしょう。

では、やり方を見ていきましょう。

①メニュー上にあるキャンバスを押します。

キャンバスを押すと、上画像右側の”透明なキャンバス”というところがオフになっています。

②今回は透過させたいのでオフからオンにしましょう。

これで透過作業も完了しました。

以上の手順を踏むことで
「好きな画像の好きな部分をくり抜いて、透過させる」ことに成功しました。

後は画像を保存すれば使いたいように使えます。

Canvaを使えばぐっとおしゃれに。

切り抜いた画像はフリー素材の別の画像に張り付けて使っても良し、
背景などを自分でデザインして使っても良し、
あなたが好きなように使うことが可能です。

「いや、デザインなんてできないよ!」
「センスないし無理だと思う!」

そんな方は先日の記事でも紹介した「Canva」を使うことでおしゃれな画像づくりが出来るようになります。

Canvaはデフォルトで備わっている素材に加えて、あなたが持っている画像をアップロードして使うことが出来るようになっています。

Photoshopやイラストレーターなどが苦手な人、
私のようにデザインに触れてこなかった人でも簡単に画像作りが出来ますので、
今回解説した切り抜きや透過と合わせて使ってみて下さい^^

 

 

POSTED COMMENT

  1. takeshi より:

    ランキングから来ましたtakeshiです。
    自分で商品の画像をつくる。なんて
    考えた事もありませんでした。
    オリジナルの方が売り込み感が薄くなり
    いいですね。
    とても参考になりました。
    また訪問させて頂きます。

    • おっしー より:

      takeshiさん

      ランキングから&コメントありがとうございます。
      広告=用意されている画像orボタン
      のイメージをもっている方は多いですが、あえて商品画像を使わないオリジナルの画像でもクリックしたくなるような広告を作る事は出来ますので選択肢のひとつに入れておくと良いと考えています^^

      >とても参考になりました。 また訪問させて頂きます。
      そういっていただけると嬉しいです。

  2. まー坊 より:

    はじめまして。
    ランキングからきました。
    好きな画像にリンクが張れるんですね(^-^)
    とても参考になりました。
    ありがとうございます!

    • おっしー より:

      まー坊さん

      ランキングから&コメントありがとうございます。

      >好きな画像にリンクが張れるんですね(^-^)
      そうですね。
      オリジナル素材の欄がない案件で、アフィリリンクを好きな画像に張り付けていて報酬が発生しても承認してくれる場合もあります。
      そこらへんは案件によりけりなので何とも言えませんが、オリジナル素材の欄がある案件に関しては積極的に使えますね^^

  3. NABY より:

    こんばんは。ランキングから来ました。
    凄ーい、こんなこともできるんですね。
    勉強になりました。ありがとうございます。
    ポチっとしていきますね。

    • おっしー より:

      NABYさん

      ランキングから&コメントありがとうございます。
      画像の作り方次第でサイトやページの雰囲気もだいぶ変わってきますのでぜひやってみてください^^

  4. Manohiro より:

    Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    >画像をくり抜く
    >ペイント3Dで簡単に切り抜いて透過さ

    上手に簡単にできるのでビックリです。

    組み合わせで、オリジナルができそうです。

    スゴイですねえ、

    • おっしー より:

      Manohiroさん

      ランキングから&コメントありがとうございます。

      >上手に簡単にできるのでビックリです。
      >組み合わせで、オリジナルができそうです。
      >スゴイですねえ、

      意外と手順は少なくて簡単にできますので便利ですよね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です